Q、トリートメント時にプルプルコームって使用しないんですか?

A、ウチはM1を使用する際のみ使用しています。

もちろん、それ以外の席でトリートメントするときなどに使用してもらっても構いません。

ですが使うなら全スタッフが統一すること。お客様によって分けたりするのは厳禁です。

Q、客単価に関して次回予約をされるから単価は下がるのでは?

A、下がりません。ダブルメニューの存在があるからです。

新規ではダブルメニューで
基本取らないようにしてると思います。

既存になると3万近くのダブルメニュー単価が新規の+1000円をカバーするので単価は保ったままになるのです。

もちろんダブルメニューがいればの話です。

ただ前提として試算表にもあるように

" 予想売上単価"

であり完璧な推測は無理です。

概算と認識してください。

銀行の融資担当もここら辺は心得ているはずです。

Q、スタッフが言うことを聞かないんですが・・・

A、やめてもらうか、直してもらうか、100か0かのどちらか。絶対曖昧にしないこと。

経営者としてスタッフに気を遣わないこと。怒りもしないし、叱りもしない。

直しますか?直しませんか?

と聞いて、前者なら雇用を続ける。

後者なら「やめてください」です。

遅刻を繰り返す礼節に欠ける周りに対して配慮がない感謝がない顔に出す

私ならこれらについて必要性をわざわざ言いもしません

常識レベルのことを言っててもキリがないからです。

例えば遅刻してくるスタッフがいるとします。

本人は今まで他でもきっと遅刻しているわけです、

もっと言うと遅刻しても生き残ってこれた・・・。

これを直すのは至難の業。

ならばそもそも直すという選択をしない。

他のスタッフに入れ替える、

まぁそもそも私の場合は入口の段階で受け入れません。

つまり不安な片鱗があれば雇わない。

また基本的に規定に満たないための
スタッフからの言い訳等は全て一言で返しています。

・スタッフ「これだとできないんですが」

・スタッフ「なかなか難しいんですが」

・スタッフ「うまく使えないんですが」

言い方に配慮があり建設的なら
丁寧に伝え不満や愚痴のように述べてきたら

「なぜ周りはできてアナタはできないんですか」

と言う一言で大抵おわりです。

スタッフの雇用は難しいです、洞察力も必要です。

いずれにしろ社員を導けるかどうかは代表者としての人間力が必要なのです。

もしアナタの下でスタッフの離職やトラブルが多いのであれば、
私はアナタにきっとこう言うと思います。

「なぜ他やうちではスタッフが定着するのに、
アナタの元からは去っていくスタッフが多いんですか?」と。

Q、道具や材料などについての考え方を教えてください。

責任を持ってもらうため道具はお店でなく個人個人に与えているイメージです。

なので原則ワゴンは一人に対し1つです。

例えば3人で働くとしてワゴンが2つだったとしましょう、それをスタッフは共有するわけです、

ワゴンにはアイロンが2つあります。

そのアイロンをスタッフが壊したとします。

普通、壊してしまったらそれを報告するべきですが壊れたのを「自分のせいだと思われたくない」と言う心理から報告してこないスタッフがいるのです。なぜなら壊してもバレないからですからね。

これでは良くないので一人に対して1つのワゴン、1つのアイロン、1つのドライヤー、ハケやマドラーでさえ個人に対して与えています。

責任を課すことはものを大切にすることに繋がりトラブル等も防ぎやすくなります。

Q、カラーチャートって使用しますか?

カウンセリングなどで、お客様にカラーチャートは見せないようにお願いいたします。
お店に置いておくとスタッフが使い始めたりするので、置いとく必要もありません。

うちは基本的に自社で準備した薬剤を使っているというPRをしています。

全ての薬剤が自社とは伝えてませんが、あまり良いイメージではないので
ナプラのカラーチャートなどは使わないようにしましょう、

レベルスケールは使っていただいて平気です、

JHCAが用意しているレベルスケールが使いやすくておすすめ。