経営

【意味あるの?】美容院のムダを省く

こんにちは。

皆さんは美容院で働いていて『本当に必要あるのか?』と疑問に思うことってないですか?

”今までずっとやってきたから”とか”他のお店もやってるから”となんとなく当たり前にやっているけど意味のないことってたくさんあると思います。

そんな僕が思うムダについてお伝えしたいと思います。

設備・サービス

雑誌・ヘアカタログ

美容院に必ずあるのが、雑誌などの読み物。

施術中の待ち時間に読んでもらったり髪型を決める時にヘアカタログから決めたりと、無くてはならないかと思います。

ただめちゃくちゃ場所取りません?

ヘアカタログだけでも男女別、世代別、さらにショートカット専門など分かれており雑誌と合わせると本棚が必要なくらいです。

もっと疑問なのが、その数ある雑誌の中から美容師の独断と偏見で決めた2〜3冊を差し出すというサービス。

そもそもお店の中にお客さんの好みの雑誌があるかどうかわからないのに、さらに絞って数冊出すというのは至難の技だと思います。

以前勤めていた店舗では、雑誌の種類が少なかったので先月号も出してましたが本当にその雑誌が好きなお客さんは先月読んでると思いますしね。

あと、雑誌の間に挟まってる髪の毛イヤです。

そんな雑誌類は捨ててタブレットの導入をお勧めします。

月額制の雑誌読み放題サービスは1ヶ月500円ほどで利用できて様々なジャンルの主要な雑誌は読み放題です。

お客さんが好きな雑誌を選べますし、混んでいる時間帯に出す雑誌がなくなってしまったなんてこともありません。

タブレット導入の初期費用はかかってしまいますが月々の雑誌代は抑えることができ、お店にもスペースだ生まれるのではないでしょうか。

マッサージ

シャンプーから上がってドライヤーをする前にする頭から背中にかけてのマッサージ。廃止しているお店も多いですが、やっているお店もまだまだ多い印象です。

マッサージ自体好きですしいいと思いますが、混み合っている時間帯のマッサージは最悪です。

きっと美容師の頭の中では”いかに気づかれずに早く終わらせるか”しか考えてないでしょう。

どんな状況でも状況でも同じクオリティでできればいいですが、いつもより早く終わった感じが出てしまうと雑な印象を与えてしまいかねないです。

もちろん喜んでくれるお客さんもいますが、マッサージが無くなったからといって失客しないと考えます。

全スタッフがいつでも同じ技術ができないのであれば無くていいと思います。

カウンセリングシート

普段のお手入れ方法とかを書かせているところがありますが、どっちにしてもカウンセリングで聞きますよね?

しかも直接お客さんの言葉で聞いたほうが伝わりやすいですし記入させる必要ないとおもいます。

あと店舗によって『会話は必要ですか?』って記入させるところもあるようですが正直お客さんからしたら

『人による』

だと思います。

信頼できる担当者なら雑談できても、少しでも不安が残るなか施術が開始したら雑談どころじゃないです。

質問や広げ方が上手ければ会話できても、美容師が自分の話ばっかりしたりつまらなければ会話なんて疲れるだけです。

そんなことを最初のカウンセリングシートで聞かないほうがいいんじゃないかって思います。

営業後

ミーティング

お店の売上の現状の把握、今後に向けての戦略や働く上での改善点、モチベーション向上や結束力を高めたりと様々な役割を果たします。

全スタッフで共有することはとても大切なことです。

しかし、美容院でのミーティングって『これ必要だった?』ってこと多くないですか?

ミーティングの有無、頻度は店舗によりさまざまだと思います。以前勤めていた美容院では月に1回以上、長い時は3時間以上ありました。

オーナーが関係あることないことずーーーと永遠に話続け最終的に何が言いたかったのか伝わらない会や、1人ずつ3分間反省と抱負を発表するという地獄の会など。(数十人が発表するだけで1時間半以上かかるし誰が何を言ったか覚えちゃいない)

お店を良くするために意見を出し合うことはとても重要ですが、先輩や後輩が居る中みんなの前で発言する形式では黙ってしまうスタッフも多いのでは?と思います。

それに、お昼ご飯も食べずに疲れ切った状態の営業後にスタッフの時間を奪ってまでやるべきなのでしょうか?

もしスタッフ全員で共有し意見を出し合うならグループLINEを使えば同じことができますし、スタッフの拘束時間も減らせます。

スタッフとのコミュニケーションを取るためとか言う人もいますが、ミーティングや飲み会なんてやるより日頃から気にかけて声をかけたりする方がよっぽど良いと思います。

まとめ

このように美容院では当たり前のようになっていることでも見直すことで経費削減や時間を生み出すことができると思います。

働きやすい環境になれば人も集まりさらに良い仕事ができるようになり、それがお客さんに伝わればより良いお店となるでしょう。

 

カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です