カウンセリング中に相手の口から

「分からない」

これが出た際は進めるのをやめましょう。

 

私がカウンセリングしていてお客様が

「分からない」

となったら絶対先にはすすめません。

ひたすらわかるまでお話しします。

もしそれに時間がかかるようでしたら
施術を見送る場合もあります。

 

なぜか?

 

施術中ストレスになるからです。

 

分からないとはそもそも

” モヤモヤしている状態 ”

をいいます。

 

これって感情的には
正か負なら負なんですよね。

 

カウンセリングをする理由の一つが
この負をなくすためです。

負っていう感情は
基本的にストレスをうみます。

” 分からないまま施術されている ”

というのはもはや
ストレスでしかないわけです。

・カラーでトーンは決めた。
けど色味は聞かれてない→モヤモヤ

・カットで梳くと言われた。
けどどれくらい梳くんだろ→モヤモヤ

・5分程度でカウンセリング終了。
早いけど本当に大丈夫?→モヤモヤ

こういったモヤモヤをなくしていく。

だからこそ相手の言葉の中に

「分からない」

があった際はそのままにしない。

これが大切です。

↑コチラは以前スタッフから頂いた内容です。

それに対して返答した後、

 

↑私の方で返答した後に
2度確認を入れています。

モヤモヤを残さない重要性というのは
お客様もスタッフも同じです。