技術

【美容師辞めたい】結局それって自己責任だよねって話

こんにちは。

美容師ってほんと疲れますよね、、

異常に休み少ないし、営業中の仕事だけでもお昼ご飯食べずにがんばってるのに朝練なり終電まで練習してそのくせ給料が低い。

周りの友だちがSNSで楽しそうにしてても休みが合わないし毎日私服でおしゃれしなきゃなんないのに好きな服買う金すらない、、

 

 

美容師辞めようかな、、

 

 

誰もが一度は思ったことあるはず。

 

 

1〜3年目はとにかく拘束時間が長く1日があっという間に終わり自分の時間なんて睡眠時間を削らないと取れないし

営業中はずーーーとシャンプー。

そりゃ手だって荒れるし、カラー塗ってシャンプーしての永遠の繰り返し。

ちょっとでも時間がかかると先輩に怒られるし、急いだらお客さんの襟濡らして怒られるし。

 

3〜5年目は仕事には慣れてくるけど毎日アシスタント業務で飽きてくる。

自分の練習でいっぱいいっぱいなのに後輩に技術教えたり、カットのテストじゃ意地の悪い先輩に『左右の長さが1㎜違う』なんて言われて不合格にさせられ全然デビューできる気配もなくてやる気も落ちてくる。

次の日、『じゃあこの人はちゃんとできてんの?』って思ってその先輩のお客さんのドライ中にこっそり左右の長さチェックしたら1㎝以上違うし、、

 

スタイリストデビューしてからも給料が低いとか、指名売り上げが伸びないとか、自分のやり方とお店のやり方が違うとか、、、

 

もうホント美容師辞めたくなることの連続ですよね。

だったら辞めればいい

僕の結論から言うとさっさと辞めたほうがいいと思いますよ。

 

まず美容師以外にやりたい仕事があるなら早く始めたほうがいいですし、美容師を続けるにしても絶対に他のサロンで需要があります。

美容院は現在、全国に25万件以上あると言われておりコンビニですら5万店超という時代でたいていの美容院が求人を出しています。

男性美容師の平均年齢は約32歳。

正直4〜50代で店を転々としていたら『この人雇っても大丈夫なのか、、?』と不安がられるでしょうが

もしあなたが20代ならどこの美容院でも雇ってもらえると思います。(都内の有名美容室とかは厳しいと思いますが)

今はお店が多すぎて従業員が足りず、

雇われる側>雇う側

状態です。

 

雇う側もライバル店が増えてひと昔前に比べて好条件の求人が増えたと思います。

いろいろ探すと面貸しや業務委託、フリーランスなどさまざまな働き方がありますし

店舗でも今よりずっと自分に合った働き方のお店があるでしょう。

 

それでも踏み切れない理由として、『働いているスタッフはいい人』だとか『担当しているお客様のことを考えると』などよく聞きます。

 

ではもしそのスタッフの人たちが辞めたらどうしますか?

 

独立や転職するかもしれないし女性なら結婚して辞める可能性だってあります。

僕自身の経験ですが、辞めたいけどスタッフはいい人だからと躊躇していたら次々と同僚が辞めていき1年間で7人から2人になってしまいまるで今までと違う環境になってしまったことがありました。

現状維持のように見えていても、あっという間に衰退していく恐怖を感じました。

さらにお客様ももし本当にあなたのファン客なら次の働く店が多少遠くても来てくれますし、そもそもそれほど大切なお客さんが多い人なら必ず次のお店でもたくさんの大切なお客さんが付くはずです。

なんたかんだ自己責任

でも結局のところ全て自己責任だと思ってます。

大体の人は自分の意思で美容師を初めて(実家を継ぐとかの理由でも最後にやると決めたのは自分)面接する店を選んで入社してるわけで。

人間関係で悩んでいる人でその相手がどうしようもない人だとしてもそれを言ったとこで解決するはずもなく、相手のことを理解できなかった自分と自分の思いを相手に伝えきれなかった自分を改善しないと成長しないですしね。

自分が正しいとも思いませんが、冷静に判断できれば今のお店でも辞めずに上手くやっていけるかもしれないし、辞めたとしても次の店では上手くいくんじゃないかと思います。

 

オーナーが嫌でとかお店のルールが納得いかなくてとか、同僚と上手くいかなくてとか不満を言ったらキリがないけど

その環境に身を置いている事実が自分で選択してることなので自己責任なのではないかと思います。

次の選択も自己責任の気持ちでいけば必ず良い方向へ向かえるのではないかと。

カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です