完全予約制ではない場合、
飛び込みも受けることになります。

そうなるとスタッフに
お店にいてもらわなければなりません。

接客業というのは常に混んでいるわけではないのでお客様がいない時だってあるわけです。

つまり営業時間前にきて営業が終わるまで
やることがなくても店にいないくてはならない。

こうゆう美容室は世の中にたくさんあります。

通常サロンとの違い

私が過去に勤めていた店は
スタッフが4名でした。

それなのに

・1日たったの2〜3人

・平日だと誰も来ないという日もある

とか平気でありました。(客単価は5000円前後)

 

お店では時間が空くと

・掃除してください

・店内のポップ作ってください

・チラシ配りに行ってください

となります。

 

こういった環境で給与も12~18万。

当時はこの働き方についてこれず
辞めていく人が非常に多かった。

そんな中で私は勤め続けながら
周りが辞めていく原因を考えていました。

 

そこで取り入れたのが完全予約制です。

 

空いた時間に

・掃除してください

・店内のポップ作ってください

・チラシ配りに行ってください

 

ではなく

 

・外でゆっくりしてきていいですよ

・私的な食事や買い物もOKですよ

・業務を終わったら帰っていいですよ

 

比べれば誰だって
後者の方がいいに決まってます。

無駄なことやものを減らし充実させたい

例えば

 

・掃除は1時間もあればキレイになるし
そもそも朝も夜もやるのでキレイです。

・店内のポップは1日もあれば作れる
でも作っても売れません。

・チラシは反応率が0.01%以下と言われ
1000人配って1人に反応あるかどうか。

これらはスタッフが

「これをして何か意味あるの?」

という負の気持ちを抱きやすい業務です。

 

美容師ですからお客様に自分が携わっている
イメージを持って仕事を選んでいるはずです。

そんなイメージを持つ人が

 

・真冬の寒い日に手を温めながら
・真夏の炎天下に汗をかきながら

 

意味があるかどうかわからないチラシを
配り続けることはできないでしょう。

もちろん仕事なのでしなくていけませんが、
私はここに問題があると思っていました。

 

最近はタイパという言葉が
流行りはじめてきています。

タイパ
(time performance)の略

コスパ
(cost performance)の略

につぐ無駄なコト/モノを減らし人生を
充実させたいという概念です。

 

完全予約制はこれを叶えるに
理想の仕組みだと思っています。

 

スタッフから

「時間調整がつくので早く帰れます」

「空き時間に好きな事ができるのが嬉しいです」

という声をいただきますがライフスタイルが
多様化してるからだと思っています。

これがうちで完全予約を導入している
理由です。

単価が高くないと実現しない

どこのサロンもこれを
導入できるわけではありません、

なぜなら単価が低いためです。

全国のサロンの平均客単価は6000円程。

しかもその値段でお客様を呼べないわけですから
完全予約制にしたくともできません。

完全予約は単価がある程度高くあってこその
システムなのです。

お客様を待たせても良い

例えば5時の予約が入っていたとします。
そのお客様が4時半につきました。

 

極論、それを承知で4時59分まで
ご飯を食べていても何も文句は言いません。

 

やりがちなのが

『お客様を待たせてしまって』

っと感じ早く案内しようとするあまり
ミスをしてしまうこと。

 

別に予約時間よりも遅れなければ
問題ないのですから急ぐ必要はありません。

もちろん5時を過ぎるのはNGです。

ですが早く通す必要もないのです。

 

予約は5時ですから

「本日5時で承ってますので、
時間になりましたら始めさせて頂きます。」

お時間までお待ちくださいませ」

 

と伝え5時に開始すれば良いのです。