ここでは守ってほしいことを
お伝えしていきます。

合わせるのは行動であって考えではない

このマニュアルは一個人である私(代表)が
私の価値観で記載している内容です。

気づいてもらいたいからこその
考えやノウハウをまとめています。

 

ただ前提としてこのサイトに

記載している考えが絶対正しい

と言うわけではありません。

 

人によってここに記載してる内容が自分の
考えとかけ離れている事もあるでしょう。

 

かけ離れている場合、それを受け入れることは
苦痛になるかもしれません。

 

ましてや素直な方ほど
鵜呑みにしてくださります。

 

ですが何も

「 考えを全て変えろっ! 」

と言っているのではないです。

 

極論

合わせてほしいのは

「行動」

であって

「考え」

まで合わせる必要はありません。

 

そもそも考えを合わせると
言うのは無理があります。

 

ある問題に対して

「Aが正しい」

と言う人もいれば

「Bが正しい」

と言う人もいるわけです。

 

またAやBと言うように答えがはっきり分かれなくとも

 

「私は8:2」

と言う人もいれば

「私は6:4」

と言う人もいる。

 

だから考えは無理して
合わせなくともいいわけです。

根でどんな考えを持っていても良い

クレームの際に謝罪がなければ私は

「まず謝りましょう」

と伝えています。

 

極論すれば

” 謝罪して頭を下げる ”

という選択を取れる姿勢さえ身についていれば
根で何を思ってようが構わない。

 

これこそが

考えは合わせなくていいが
行動は合わせて下さい

という意味です。

 

つまり本質的な意味で言えば謝罪の
気持ちすら私に対していらないのです。

 

ただ謝罪できないといざという時に

 

” 謝罪して場を解決し物事を前に進ませる ”

 

という選択をお客様に対して
取れるかどうかがわからない訳です。

 

根で何を思ってようが構わない・・・。

 

もしかするとスタッフには

「申しわけございません」

って言っとけばいい・・・

 

こう思っている人もいるかもしれません。
(いないと思ってますが)

 

ただ仮にそうだとしても、

それでいい。

 

そうゆう方は謝罪をしてその場を解決し
物事を前に進ませることができるからです。

自責か他責か

例えばお客様の施術が
うまくいかなかったとしましょう。

その際、美容師は下記の2つに分かれるものです。

 

●自分の責任も含める人 → 自責思考

●自分に責任はなく「相手のせい、環境や道具のせい」と考える人 → 他責思考

 

ぜひ前者の姿勢でお願いをしたいです。

 

後者だと本人の成長の余地がありませんし
指導して改善することもできません。

 

「お客様の髪が・・・」

「あの人なんか変な人で・・・」

「すごいクセのある人でした・・・」

 

施術を請け負った時点で自分にも責任が生まれるわけで、
100:0はあり得ません。

 

カウンセリングで満足させられないと
判断した際はお断りしても良いと伝えています。

 

何が言いたいかというと
相手を否定する前に自分にも目を向けて頂きたいのです。

 

「自分の技術は正しかったか、未熟な点があったのではないか」

「自分は人から見てどうだろうか、もしかしたら変な人だと思われてないか」

「自分にクセはないか、人からクセ者と思われる部分はないだろうか」

 

他責ほど無責任で楽なものはありません。

いくらでも周りのせいにできます。

しようと思えば全部環境のせいにできます。

 

なのでどうしようもないくらい不満があるなら
人や会社に頼らず自分でお店をやればいい。

 

経営者としてミスした際はすぐ謝罪します。

自分から謝ります。

ですのでアナタもこうゆう習慣を身につけてください。

「もう少しこうすればよかったな」

「もっとこうできたんじゃないかな」

というお互い様精神があれば
すれ違いが起きてもすぐに関係修復できます。

悪口・陰口・愚痴を言わない

そもそも私がこれを日常的に多用する人と
プライベートでもお付き合いしていません。

 

ですのでもちろん仕事においても

人は

●「誰と時間を過ごすか」

●「どんな言葉を使うか」

で自分にいい意味でも悪い身でも影響を受けます。

 

だからこそ職場関係でもプライベートでも
お付き合いさせて頂く人はしっかり選んでいます。

 

愚痴を言う本人はスッキリするかもしれません・・・
でもそれを聞く方の身になってあげてください。

 

聞く方も嫌だと思いますし相手も大人なので
「そうだよね」
と本心でもないのに同意してくれるでしょう。

 

もし他のスタッフに対して言いたいことがあるなら
本人に向き合って直接自分の口で伝えるべきです。

 

” 誰かに言わせない。陰で言わない ”

 

愚痴が蔓延すると組織は崩壊しやすく
スタッフ間での喧嘩や揉め事が起きやすくなります。

 

こうなるといくら経営者でも立て直すことができません。

 

その為店舗運営は無理だと考え全員解散させ
新スタッフを再雇用して作りなおします。

丁寧な敬語を使えるか

オーナーに対して敬語で正しい言葉を
使うようにしてください。

もちろん他のスタッフにもです。

これは

「偉そうにしていたいから」

「権威をアピールしたいから」

そうゆう意図ではありません。

 

” お客様の前で言葉のミスをしない為 ”

にです。

 

上司1人に敬語の使い方を
間違えているようではお客様に対して

「いざ大事な時に適切な応対ができるわけがない」

という解釈だからです。

 

オーナーに対してはそのまま

「オーナー」

という呼び方でお願いいたします。

スタッフには

「〇〇さん」

と苗字でお呼びします。

 

よくお客様が年下または学生だからといって
敬語を急にタメ語に変える方がいます。

控えてください。

全員が敬語を使うことで高級感が漂いますし
相手との関係性が保たれます。

経営者としてスタッフへの接し方は

” 一定の距離感を保つ ”

ように接します。

 

意図的にこの姿勢を貫いており、
それが双方にとって良好な関係を築くと考えています。

 

原則LINEのやり取りと、
マニュアルで対応できる仕組みを作っています。

 

他の事業とも混同したりはしません。
(美容コンサルは類似してるためこれには含みません。)